モナカです(黒ウサギ)

ミニレッキス♀ の暮らし@札幌 を記録し…続けたい(目標)

モナカのお正月①

どうも、モナカのお世話係です。

 

ついに正月気分ともいよいよお別れですね……。


昨日は旦那さんと初詣に行ってきましたよ。北海道神宮へ。

人混みも嫌い、待つのも嫌い、信心深くもない旦那さんが連れて行ってくれるという、この貴重な旦那さんの≪気分≫を逃すわけにいかぬ!!!ので、すぐ出発しましたが案の定、神宮の駐車場を待つとてもとても長い車の列。


何丁目まで車並んでいるんだろう……という絶望の中、旦那さんが偶然にも近場の有料パーキングから1台ちょうど出た瞬間を発見してくれました!


ありがとう幸運。これは幸先が良い……!

ということで、ささっと神宮へ向かい、お参りしておみくじもひきました。


結婚してから私は「末吉」ばかりをひき続けています。何故。

旦那さんからは毎年「おスエさん」と呼ばれる始末。この伝説を今年こそ打ち破りたい!!!

 

で、結果はなんと!大吉!!゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 


どうしましょう。今年は例年以上に良い気がする!!(単純)

 

 

と、嬉しい気持ちで新年の幕開けとなりました。

上機嫌の私がいるもんだから、すんなり旦那さんはその後パチスロへ。午前中も1度行ってるのに。

しかし「絶対勝つから!今夜はすきやきです!!」と宣言するので(笑)、その通りにすきやきの材料(もちろんお肉は豚肉)を買って家で待っていると、本当に勝って帰って来たようです。

 

どうしましょう。今年は例年以上に良い(略)

 

 

ということで、改めてモナカさんのお正月をちらほらご紹介したいと思います。

 

 

f:id:monakablackrabbit:20180108173346j:plain

義実家では、昔ウサギさんを飼っていた時のケージを使わせてもらっています。
写真はリビングの一角ですが、写真手前側にソファ・テーブルがあるのですがその一帯すべて、モナカさん走り放題です。


とはいえ、日中は旦那さんの姪ッ子(8歳と2歳)がいるのでモナカさんは容易くぴょんぴょん出来ないので、だいたい寝静まってからです。

 

 

f:id:monakablackrabbit:20180108173947j:plain

 

モナカさんがこのケージを年に2,3回くらい使う程度なのですが、ちゃんと覚えているようです。今回も到着するなりすんなりとケージ内に入りお水をがぶ飲みしていました。

小さいおつむでも、ちゃんと覚えることはあるんだなぁ。

 

 

f:id:monakablackrabbit:20180108174218j:plain


普段のケージが、ジャンプしながら出入りするせいでしょうか。
この≪扉 兼 スロープ≫は全然使わないモナカさん。

 

 

f:id:monakablackrabbit:20180108174446j:plain

 

このケージには牧草ケースが無いので、この写真のモナカさんのちょうど奥に、牧草をどん、と置いております。

 

床には全面すのこ(木)が敷かれているので、どこで寝転がっても快適です。しかし残念ながら、ここの滞在中ではモナカさんのおトイレ位置が定まりません。
毎回来る度に匂いが無くなっているからかな?ですので、その置いたままになる牧草が被害を被っていないか、随時チェックする必要があります。

 

 

 

f:id:monakablackrabbit:20180108174924j:plain

 

モナカさんは、お義母さんの5時頃の起床にあわせてケージから出してもらえているので、走り回れるパラダイスタイムです。
きっとおやつも沢山もらえていることでしょう。


姪ッ子たち(2階暮らし)は、お姉ちゃんが冬休みの宿題をやりにリビングに降りて来て、2歳児が来るのはだいたいモナカさんが朝ごはんを食べている頃。


お姉ちゃんは動物が少しだけ怖いので、積極的にモナカを可愛がりには行動しませんが、ケージに入っていると安心するのでしょう。
扉をあけてナデナデしてくれます。

そんなお姉ちゃんを何でも真似したい2歳児は、わめきながら同じことをやりたい!と訴えます。

 

私はいつも、モナカさんのおトイレタイムを兼ねて、1日に何度も強制収監をしているので、もしかしたら2歳児からは
≪モナカを無理やり閉じ込める人≫と思われているかも知れない……。

 

2歳児ちゃん、今は力が無くてケージの扉を開けられませんが、何となく開け方はお姉ちゃんの動作を見て覚えている様子……。

これは次会う頃には危ないな……。

 

 

もちろん、ご飯をあげる時も2歳児が「やりたい!やりたい!」とせがみますので、牧草を1本ずつ、ケージの上から落としてもらうようにしました。

「モナカ、お野菜よ~!」と言いながら与えてくれます(笑)


しかしすぐにそれでは飽き足りなくなり、ペレットもあげたい、と。。。


恐る恐る、大さじ1杯を2歳児に託してみますと、

モナカさんの頭上から一気にザパー!と振りかけてくれました……(笑)

うん、それじゃあほとんどがモナカさんの身体に当たるだけで、ペレット入れには入らないんだね……。勉強になったね……。

 

私がペレット入れをケージから出すべきでした。

 

子育てされている世の皆さんって凄い……。

 

 

 

/** カテゴリ階層化処理 **/