モナカです(黒ウサギ)

ミニレッキス(姉) と1歳になった息子(弟) の記録 @札幌 を続けたい(目標)

お世話係、最大のピンチにフリーズする

どうも、ベビラビのお世話係です。

 

このところやっと雪で路面が見えなくなって、白い世界の札幌です。
とは言っても雪かきの必要が無い程度です。

来月にはもう雪まつりですが、なんと10tトラック3000台分の雪を札幌近郊の町から運んできたそうです。
(そんなにも例年は雪があるはずってことですか……)


今年の雪まつりも、新型肺炎の影響あるのかしら……。
一般の雪像づくりには毎年、多種多様、特に南国の方々がいらして参加していますのでねぇ。
無事にまつりが終わることを家の中から祈っております。

 

***************



米蔵さんは8.8kg→9kgになり久々に体重が増えました。

先月あたりから指先の使い方がぐんと発達しまして。

f:id:monakablackrabbit:20200130005720j:plain


モナカさんのケージ下のトレイを引っ張り出せるようになってしまいました。


「おとなしくしているな?」と思ったら危険!!


とはよく言ったもので、ハッ!静かだ!((((;゚Д゚))) と気づいて急いでキッチンから駆けつけてみたら、このありさまです。

 

こういう時は「アプ!」と言いながら、しかめっ面をしてみせます。

……まぁそれが、コメたんに通じているかなんて全く判りませんが……頻繁に引き出すことはありません。

 

と思っていたら、今月に入ってから今度はトレイではなく、
トレイの中のペットシートをつまんで引っ張り出すというさらに高度ないたずらに発展しておりました……。


なんてこったです。

牧草とう●ちがリビングに散らばるではありませんか……。


いよいよテープか何かで貼って固定した方がよさそうです。
(今のところ、コメたんはう●ちよりも牧草をちぎることに興味津々です)

 

 

***************

 

 

そんな中、事件が発生いたしました。

 

前回モナカさんがひとりごとをつぶやいて元気アピールしておりましたけどね……。

お正月休み明け早々、彼女はやってたんですよ!
例の『ごはん食べたくない!』をね!!

 

 

札幌に戻ってきてちょうど1週間経ったあたりでした。

いつものように平日母子家庭をこなし、やっと旦那さんが帰宅する土曜夜のことです。


お風呂の準備
 ↓
モナカさんに牧草追加で時間稼ぎ
 ↓
コメたんとお風呂
 ↓
コメたん、肌に薬塗って服着せて授乳しつつ頭皮の湿疹チェックと爪切り
 ↓
モナカさん「ごはんまだ!?」と騒ぎ始める
 ↓
コメたん、一人遊び開始
 ↓
モナカさんの夕食・掃除


……という日課なわけです。

しかしその日は
【モナカさんに牧草追加】の時点までは、モナカさんいつも通りモシャモシャと牧草を食していました。


そしてコメたんにお風呂上がりの授乳中、モナカさんが騒がないのです。


ん?と思ってちらっとケージに目をやると、モナカさん真後ろ向いてる


もうすでに嫌な予感です。

 

コメたんを遊ばせて、モナカさんの様子を見に行くと
しっかり『あたしにかまわないで!』状態です。


ウソォ━━━Σ(ロ゚|||ノ)ノ━━━ッ!? 今から!?と驚きながら、例のおやつの種を近づけると、


タタタッと近寄って「それは食べる!」とパクッと食べたのです。


あれ?食べられるの?と見ていたら、食べ終わると同時にまたこちらにお尻を向けて隅っこでうずくまるのです。


まだ大丈夫そうだったので、掃除も夕ご飯のペレットも準備したのですが。
ペレットは食べに近寄りませんでした。

 

もう一度おやつをあげてみると、これはやっぱりパクッと食べる。

 

はて……?これはお腹の不調の、初期中の初期ってところかしら……?

と首をかしげながら、とにかくマッサージだわと
モナカさんの全身を撫ではじめたところで、

 

 

今度は背後から、ボタボタボタッと液体がこぼれおちる音が。

 

 

ゾッとして振り返ると、
うつ伏せになっていたコメたんが、豪快に吐き戻しているではありませんか!!

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


しかもなかなかの量です。胃の中のもの全てだと思われます。
しばらく吐き戻しをすることが無かったので、驚きました。

コメたんは泣く様子もなく、
ただ不思議そうに自分が出したモノを触ろうと手を伸ばしていたので


慌てて羽交い絞めのようなかたちで抱き上げて(笑)、惨劇の惨劇になることを防ぎました。_| ̄|○ ふぅ。


顔色も悪くないし身体も温かいし、コメたんはケロッとしている。

……緊急的に問題が起こったわけではなさそうだ。

 


そこで問題です。

お世話係は、まず何から手を付けるべきでしょう。

 

1.ちょっとした池だから!戻したモノの処理

2.胃腸が止まったら危険だから!モナカさんのマッサージ

3.ケロッとしているけど赤子だから!コメたんの様子見

 

このトライアングルに囲まれて、お世話係はフリーズしてしまったのです。
(本当に文字通り、立ちつくしました)

 

フリーズしながらもさすがに一人で抱えるには心細くなってしまい、旦那さんにショートメールしました。

『モナカがペレット食べないし(コメたん)吐いたし、何から手をつけるべきか』

 

すぐ電話が来ました。
運転中だったろうに。
もうすぐ着くから、とりあえずコメたんがグズッてないんだったら大丈夫だよ、とそんなことを言われたと思います。

 

少し落ち着きを取り戻せたので、コメたんはまた遊び始めているし、ここはひとまずモノの処理だな!と動き出すことが出来ました。

 

幸い赤子で良かった。
離乳食を食べてますが、人間が戻した特有のニオイっていうのはまだ無いので、こちらが具合悪くなるという二次被害は出ません。

またちょうどフローリング上で、ラグなどにかかっていないことも幸いでした。使っていないバスタオルを持ってきて、コメたんがこちらに近寄らないよう気をつけながら拭いて拭いての大仕事。

さらに除菌スプレーして拭き取り最後に乾拭きして終わらせ、モナカさんのマッサージを再開です。

 

そんなこんなで、旦那さんが帰宅してくれてやっと安堵したのです。
この日が土曜日の出来事で、本当に良かった……!
もし平日だったら、私は心細すぎて泣いていたかも知れない。四十だけど(笑)

 

 

で結局のところ。


その後もコメたんが急変するようなことは無く。
モナカさんもずっと撫で続けて2時間もしない内に、また急にペレットを食べ始めてくれました。史上最短の復活劇です。


本当に良かった。……良かったのですが、
これらはいったい何だったんだ?となりまして。


私たちの結論としましては

コメたん → 最近の指しゃぶりが、3本一度に咥えたり、奥へと突っ込んでオエッとすることもあったので、原因は指しゃぶりか。


モナカさん → 函館で走り回ったり皆にちやほやされたパラダイスから帰ってきた絶望から、へそを曲げた(たっぷり撫でたら機嫌が直った)

 

ということで落ち着きました……。

それ以降は二人とも、アクシデントを起こすことは無く今に至っております。

 


もう!うちの子たちは!!!

 

この程度で済んで良かったです。
これからは、コメたんはもっとわんぱくギャングになって何をしでかすか想像できないし、モナカさんはシニアへとなっていくのでもっと体調不良が増えていくと考えられますし。

 

こういうことを経て、世のお母さんは強く逞しく、レベルアップしていくのですね……。

お世話係、もっと気張らないといけませんね。

 

しかしお手柔らかに頼むよ、二人とも……!

 

 

f:id:monakablackrabbit:20200130031406j:plain



 

 

 

 

/** カテゴリ階層化処理 **/