モナカです(黒ウサギ)

ミニレッキス♀ の暮らしを記録し……続けたい(目標)

夏が近付いてまいりました

どうも、モナカのお世話係です。

 

徐々に北海道も夜の寝苦しさを感じるようになってまいりました。
そろそろタオルケットだけで眠れそうです。まだ怖いからやらないけど。

北海道は(我が家は)窓を開けたまま就寝することはありません。風邪ひくから。

エアコン付けたまま就寝することはありません。風邪ひくから。
そもそも我が家にありません(笑)

しかし扇風機はまだです。そこまでじゃぁないんです(笑)


ここ10年くらいで建てられた家屋は、エアコンが設置できるよう整えられているようで、我が家もそうです。リビングの上のほうに中途半端なコンセントと、丸い穴をふさいでいるような蓋みたいなものがあります。

あれって、エアコン用なんでしょ?(無知)

 

昨年まで住んでいたおんぼろマンションはもちろんそんなものありませんでした。北国も環境が変化してきております。

 

そんな中、モナカの夕食後の部屋んぽは、お世話係の風呂上がりしかチャンスがありません。

f:id:monakablackrabbit:20170622180233j:plain

お世話係はアラフォーですからね。お風呂あがったら真っ先に保湿しないと大変なので(笑)、ある日偶然ですがニ●アで足をケアしていたところ、モナさんも同じく足をケアしていたので感動して激写。

 

よく、旦那さんが寝ている身体の向きと、モナさんが寝ている向きが一緒の時があって、「一緒に写真におさめたいけど離れ過ぎてて無理~」と悔しい思いをすることがあります。一人眺めてほっこりしています。

 

 

昨晩のどしゃ降りから、今日も夕方まで雨で家の中も暗め。
そのせいでしょうか。今朝のモナさんは、朝から「出して」アピールを一切おこなわず、ずーっと寝ておりました。


恒例の遠山の金さんが今週からシリーズ「3」から「7」に突然とんで、出て来る役者が新しくなり、なんと昭和ならではの女性の乳がまるっと放送される時代へ突入……。(そうだった、金さんがたむろしているのはお風呂屋のくつろぎ処だったんだった)
お世話係だけ、子どもの頃の『バカ殿』以来の衝撃にビビってアワアワしておりました。モナカは寝ていて共有できませんでした。(当たり前)


こんなにも大人しいのも不気味だったので、たまに覗いてみては朝食を残していないか、牧草の減りよう、う●ちの状態なんかを見てみてですね。
全然、変わったことはないのでそんな気分なんだろうと。


いっちょまえに雨の日はアンニュイなのか!と。

 

結局、お世話係の方が我慢できず、お昼くらいに無理やり部屋へ出しました……。いつもはガジガジうるさくて仕方なく部屋へ出しているのに。こめんよモナカ、わがままなお世話係です。

 

しかし出たら出たで、いつも通りでした。

 

出たからには、おやつくれるんでしょ!?と言わんばかりに、私の胸ぐらまで足をかけて、あ、あの、肌まで鼻息が届いておりますよ……。

 

モナカにはかないません。

旦那さん、剥いてくれたリンゴは今日の夜で完食でーす。

来ました換毛期

どうも、お世話係です。

 

ついこの間、モナカの換毛期はいつ?などと言っていた私でございますスミマセン。

 

今週になって、ついに現れたのです!待ち望んでいた、、、

f:id:monakablackrabbit:20170621142545j:plain

黒い上に、黒いはげなのでかなり判りづらいですが、触るとココ、穴ぼこになっております。

 

先週やたら毛が抜けるなぁ、から今週はさらに撫でれば撫でるほど沸いて出て来る浮き毛。
撫でつつ浮くたびにひたすら毛を摘まみ取るお世話係。なんだか撫で撫でが長いなぁ♪くらいに思っていそうなモナカ。

これをひたすら繰り返しておりましたら、穴ぼこが。


おお!これが世にいう換毛期の特徴!!ついに我が子も!!

なんていう感じで一人ひっそり感動しております。 昨年は引越しして間もなかったから、まだ身体が順応していなかったのかも知れません。

 


しかも今週は気温も25℃以上が続くようなので、モナカもだいぶ暑いのかもしれません。水の減りようと耳の熱さを確認しながら、対応していきたいと思っております。


まだ、ラグの上なんだよなぁ寝そべるの。いよいよ全身暑くなったら床で寝るんじゃないかなぁ。要チェックや。古いですか。

 

 

 

1日中家にいるお世話係にすっかり慣れてしまったモナカは、シャッター音には強い反応を見せますが、スマホを向けて不気味に近づくくらいじゃ、もう逃げも隠れもしなくなりました。


なのでこんなグラビアショットも撮れるようになりました。耳はこっちに傾けて警戒しておりますが。

f:id:monakablackrabbit:20170621143132j:plain

お腹とお尻は白いのよ♡


あああ足の裏を触りたい……。指の腹でモフモフしたい……。こればっかりは許してくれないだろうから我慢です。

 

どんなに払っても、浮き毛がとまらない。いっそコロコロしてあげたいけど絶対キリがないでしょうね。。。

はじめての仙台観光#4

~つづき

 

数珠を作り終え、満足の私たちは次に友人の案内のままお店へ。
小腹を満たすのに、笹かまを焼きましょうと。(*゚∀゚)=3 ムッハー

 

f:id:monakablackrabbit:20170620173207j:plain

写真のように熱線が敷いてあって、そこに数分置いて焼きあがるのを待ちます。どうやら、私が置いたところが運悪く熱の弱いところで、あっという間に友人の笹かまと差をつけられました。

なので友人が置いてあった所を真似して置いてみたらみるみる焼けてゆき一安心。場所がポイントですよ。

ま、焼きたてを頬張りたかったのですが熱すぎて(笑)、フーフー冷ましつついただきました。美味しかった~。

 

 

お世話係、空港へ戻る

ここまで沢山の案内をしてくれた友人には、感謝してもしきれませんが、仙台駅で「まだ仙台で食べていないもの、これから食べます!」と観光ルートはまだ続きがありました。


少しだけ遅い昼食を、仙台駅でいただきました。その場所の名は
『牛たん通り』……!なんて破壊力のある名前なのでしょう。
ここでは、各人気店が軒を揃えていて出張中のビジネスマンを中心にお昼時行列を作っています。

私はどこでもかまわなかったので、友人がまだ入ったことのない方のお店にしようということで選びました。

f:id:monakablackrabbit:20170620174512j:plain

行列のうちにメニューを決め、注文を伝えてから順番に席に着きました。
ド定番の牛タン定食1,500円くらいのやーつー。 サラダかとろろか選べて、即答で「とろろ!!!」と友人と声を大にして回答。


美味しかったです。普段、牛を食さない私にとっては贅沢なお昼ご飯でした~。テールスープも、牛タン屋さんでは定番なんですね。
しかもここは、友人がご馳走してくれました!なんということでしょう。
「せっかく来てくれたし、でも家に泊めてあげられなかったし、、、」というこっちは何も気にしていないまさかの理由からでした。


そんな気にすることないのに。確かに引っ越しましたっていう友人の家には満遍なく遊びに行きたいものだけど(笑)、気にすることじゃないのに。


ということで、彼女が札幌へ戻ってきた際には、札幌を案内する……ことはないしな(笑)、美味しいものをご馳走しようと思います!

 

 

そして空港へ戻りました。

f:id:monakablackrabbit:20170620175149j:plain

仙台の七夕まつりという、東北三大祭の一つがあるそうで。
8月なんだね。北海道も、函館あたりは8月が七夕だったんだっけ?北海道は場所により異なりますが。
この飾り。
仙台市内を3000本くらいが毎年新たに作られて飾られるんですって!規模がすごい。そして良いデザインのものは賞が与えられるとか。

 

ふふふ……。こんなもの狸小路に飾ったら、あんな小さなアーケードじゃ、あの飾りの下半分が地面に引きずられていたんじゃうなぁ。


なんて無駄なことを考えながら、搭乗の時間がくるまで「ずんだシェイク」を飲みながら待ちました。

 

友人のおかげで、仙台名物完全制覇です!!


友人と熱い握手とハグを交わして、バイバイしました。
元気な顔が見られて良かったよ。また会おうね。

 

 

そんな友人が突然の訪問を決めた私の為に、時間が無い中つくってくれた「旅のしおり」、、、の出来が、売っていい「本」レベルでした。

f:id:monakablackrabbit:20170620175717j:plain

いちいち、画像を印刷して切り貼りしてくれてマスキングテープで飾り付けて……。感動しました。
しまいには、表紙の裏には千代紙でポケットもこさえてくれていて「チケットの半券とか入れられるように」だって!。・゚・(ノд`)・゚・。


女子力高すぎる、、、見習いたいこの細やかな心配り。本当にありがとう。一緒に、今回の2日間を大事にしてくれてありがとう。

 

素敵な大人の修学旅行でした!

 

 

はじめての仙台観光#3

2日目です。

やはり楽しみがある日というのは目覚めも早いですね。緊張しているのでバチッと起きました。

 

1日目、友人に「予定通り空港着くよ」とlineしたら「私は朝3時半に起きたよ!午前中が長かった」と言っておりました(笑) それ、夜。

2日目も友人は5時起きだったようです。その早起き能力、わけて欲しい……!

 


仙台駅から、通学の学生たちに紛れてなかなかの満員電車に乗り込みました。半年ぶりだな、満員電車て……。
あ、こちらの移動はすべてkitakaカードでイケました。

f:id:monakablackrabbit:20170619211959j:plainこういうエゾモモンガの。

札幌は別途、地下鉄ICカードがあって、早く統一してくれればいいのに……と思います。
札幌は地下鉄圏内で生活する分には、基本的にJRは利用しないので今は困ってませんけど。何年ぶりかでエゾモモンガさんに活躍してもらいました。

 

荷物をロッカーへ預けるときもこのカードを通すだけの電子ロッカーなので、近未来過ぎてちんぷんかんぷんのお世話係は、友人に手取り足取り預け入れるまでをまるっと手伝っていただきました。。。JRを利用しない間に、なんて便利になったのでしょう……!

 

 

お世話係、松島へ行く

 

かの日本三景です。
日本三景であることは知ってましたが、残り2つ何?って言われたらすぐ出てきません(恥) だって北海道から遠いんだもん。

天橋立
・宮島

でした。ちゃんと、松島に立っている石碑に一緒に刻まれてました。さすが。初心者にも優しい景勝地です。

f:id:monakablackrabbit:20170619212845j:plain

本当は写真のような風景が見られたら良かったんですが、あいにくの曇りで遠くが霞んでいて残念でした。

 

瑞巌寺

そして国宝・瑞巌寺へ。

f:id:monakablackrabbit:20170619213124j:plain

国宝 瑞巌寺

友人の丁寧な説明によりますと、なにやら、鎌倉時代からなるお寺を伊達の正宗さんが復興したとか。1609年。

え、それって関ヶ原の戦い終わって間もなくない??っていう。そもそも鎌倉時代の建物があるとか歴史がありすぎて畏れ多いです……。(道産子にはこの古さが、馴染み無さすぎる)

しかも、はるばる熊野から材木を運ばせ、京都から大工を呼び寄せてきたとか。正宗さんの権力がすさまじい件。


そう、今年で伊達正宗生誕450年なのですって。さっきTVで北海道生誕150年と言ってました……。レベルが違いすぎる(笑)
まさか正宗さんも、450年先もまだ祝われてるとは思わなかったでしょうね。

 

 

こちらもただ今、平成の大修理中ということで、こんな説明図が。f:id:monakablackrabbit:20170619211239j:plain

友人と私が、釘付けになったのが、右上。。。

f:id:monakablackrabbit:20170619213558j:plain

Σ(゚口゚; なにこの3歳坊や!!
ものすごくガッツポーズしています……。もう少し成長した少年でもいいと思う。


ここ瑞巌寺は、入って間もなく大きな大きな杉並木が広くあるのですが、およそ半分くらいが今はありません。震災の津波によって海水が土に浸水し痛んでしまったそうです。
それも、松島の260を超える島々が壁になっていなければ、国宝瑞巌寺はどうなっていたことか……、と友人が教えてくれました。


友人は仙台に越してきて間もなく、旦那さんと仙台の歴史、震災のことをかなり勉強したのだそうです。偉いなぁ。
おかげで友人は今、こけしコレクターです。

 

 

円通院

そんな瑞巌寺の近くにある、円通院へ。

f:id:monakablackrabbit:20170619214354j:plain

松島の観光名所 臨済宗妙心寺派 円通院

 

なんとここで私は数珠作り体験をおこないました!(*゚∀゚)=3 ムッハー

旦那さんなら、私が飛びつくであろうことは想像通りかと思います。もちろん、友人もそれはお見通しで、ちゃんと予定に組み込んでくれていたのです!

 

受付時に、数珠作り体験希望を伝えます。とくに予約はいらないようです。そのまま中へと進み、お寺のかたに作りたいと申し出るとコースを説明されます。

・プラスチック玉、ガラス玉、天然石(さらにサイズ)から選択
・作り終えたらその料金が、拝観料込みとなる

 

私たちはド定番の、天然石(小)コースで。

f:id:monakablackrabbit:20170619214556j:plain

中では既に、外国の方とか、カップルとか、なんか取材クルーもいましたね。

上図のように、天然石とはいえ数十種類も石があるので、この「チーム優柔不断」である私たち、
飛行機が飛ぶまでに作り終えるのか!?という不安を抱えながら(笑)、とりかかりました!


まず見本のサイズ番号が描かれたいろんな数珠を手首にはめてみて、サイズを決めます。

そして「親玉」「二天」の計3石(これは配置が決められている)と、残り自分の手首のサイズだけの石を選んで並べて、悩んで止めて戻して選び直して、、、と進めてゆきます。


最初は緑を基に並べていたのだけど……気付いたら藤色がメインになっていた。不思議ですねぇ。

 

やがて出来あがったら、シリコンゴムを石に通してお寺のかたに繋げてもらいます。ここで友人と「石に糸がとおせる年齢のうちに来ておいて良かったね」と笑いあいました(笑)

 

最後、お支払のときに初めて自分の選んだ石の持つ意味なんかを、ざっと口頭で教えていただきました。
夕方にはだいたい忘れてしまいました……。メモしとくんだったなぁ(笑)


たしか
平常心、願いをかなえる、愛情(照れるぜ・笑)、なんていうあたりの言葉をもらった気がします。

しかも友人も平常心と言われてました。二人とも平常心を欲しているのか!確かに私たちとんでもない小心者かつ平和主義だからなぁ(笑)

 

ここ円通院は、四季折々の景色が抜群とのことなので、今度行けるとしたら紅葉時期に来てみたいですね!!

見事な石庭も、バラ園もありましたよ。

f:id:monakablackrabbit:20170619220547j:plain

 

ボンドがくっつくまで2時間袋から取り出さないように、と言われていたので、他松島をまわり仙台駅へ戻るまで、私は友人に「もういい?」「まだ?」と何度もしつこく聞いてまわりました(笑)

 

出来あがりが、こち

f:id:monakablackrabbit:20170619220048j:plain

~つづく

はじめての仙台観光#2

~つづき

 

お世話係、仙台市内を歩いてみる

 

仙台市内ではまずアーケード街を案内してくれました。
札幌でいう狸小路とはレベルが違いますよ!一緒にしちゃ失礼です(笑)
とても広くて大きくて、札幌の駅前通りと地下街がまるっと収まったような感じです。

さらにその脇には横丁がたくさん並んでいて、文化横丁とか、壱弐参(いろは)横丁とかそれぞれがまた新たな世界となって成り立っていました。戦後の闇市から始まったりしてるんですね。
歴史があるなぁ!(道産子にはそれが羨ましい)

 

友人が言っていて気付いたのですが、歩く人波を見ていると札幌ってかなり、左側通行を意識している人が多いな、と思いました。
仙台は左右関係なく人が行き来しているのでぶつからないよう歩くのが普通なんですね。札幌は地下街なんて特に、左側通行になりがちだもんなぁ。

ちょっとした文化の違い。

そんな立派なアーケードの中でも「ツルハ」あった。頑張ってるなぁ。
ドトールが多かったと思いました!札幌は2店舗くらいしか私思い付かないや。札幌はスタバの方が多いです。

 

 

定禅寺通

けやき並木からの木漏れ日が美しい、こんな風景。

f:id:monakablackrabbit:20170619190124j:plain

 

友人に指さす方向を見よと言われて目を凝らすと、

f:id:monakablackrabbit:20170619190211j:plain

なんていうか、、、独特なポーズ。

これは「夏の思い出」というイタリア人彫刻家の作品なんですって。杜の都ジョジョだから、すっかり私はジョジョ立ちだと思ってました。


学生時代だったら、、、このポーズやっていたかも知れない(笑)

 

今回は午後からの散策だったので、仙台城跡などは行きませんでした。
むしろ、この街並みを歩いて市営の図書館(←羨ましい!)を覗いたり、東北作家の作品なんかを見て歩きながらおしゃべりしたことが楽しくてとても良かったです!
こけしを見過ぎて、こけしが可愛らしく思えてきました。

 

 

仙台は、札幌より人が少なくてとても落ち着く街だなぁと思いました。

そしてもちろん、これも欠かせません。

f:id:monakablackrabbit:20170619191753j:plain

ちょうど今月、マツコの番組で紹介されていたそうです。
友人の勧めでいただきました。ずんだ大好き。しかもソフトクリームともちも入っているので、歩き疲れたところに沁みる程良い甘さ。美味し!

 

 

夜は地元民に人気の居酒屋さんで。


大丈夫だろうとたかをくくって予約なしに入ったんです。18時前だったし。しかしすでにカウンター席でした。
さすが人気のお店です。

お互いに今までのこととか、まわりのこととか、感じたことたくさん話せて本当に良かった。お互いの旦那さんの変な癖が、なぜか共通点多すぎて爆笑しました(笑)
snsでよく会話はするけれど、やはり顔を見て相手の声を聞きながら会話することって、大事だなぁとつくづく思いましたよ♪

 

友人おすすめの、定義山(じょうぎさん)三角厚揚げ

f:id:monakablackrabbit:20170619191356j:plain

厚かったです(笑)
サクサクで美味しかったですねぇ。厚揚げをメインで食すってあまり無かったんで新鮮でした。

 

友人との久々の会話はあっという間に時間が過ぎて、21時半のチェックインにギリギリまでお店でくつろぎました。

翌朝は駅構内の待ち合わせにスムーズに私が辿りつけるように、友人がホテルまでの道のりを案内してくれたのでとても分かり易かったです!

ありがとう、親友(*゚∀゚)=3 ムッハー

 

はじめての仙台観光#1

どうも、モナカのお世話係です。

先週、はじめて仙台へ1泊観光をしてまいりました。

f:id:monakablackrabbit:20170619180106j:plain

大学時代の親友が旦那さんの異動で仙台へと引っ越しをしていったので、実に1年4カ月ぶりの再会。

今回は、とにかく仙台初心者のお世話係なので、友人にまるっと丸投げで観光ルートを構築してもらいました。
如何せん、モナカさんを家に置いてきているのでリミットは1泊2日。それも、午後に仙台について翌日夕方には札幌へ戻るというタイミング。

あまり時間も無い中で、友人は心をつくして出来る限りのいろんな仙台を見せてくれました!!感謝感激です+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

 

 

お世話係、バスに乗る


まず、新千歳空港へ行くまでの直行連絡バスに乗り込みました。
なんということでしょう。平日の、別に朝イチでもない時間帯なのにすでに補助席しか空いていないなんて。

どうやら中心街のホテルから帰国するアジア観光客が半分、国内観光客が半分といったところでしょうか。なるほど、このバスは通常時でこれだけ混むのだね……。と学習。

各バス停で、さらに乗客を乗せ続けるバス。すると、
別に地下鉄駅があるわけでもない、
どう見ても単なる住宅街、
地元民でも目的地が皆目見当つかない
そんな中途半端なとあるバス停で、かなり後方の座席にいたカップルが「降りま~す!」と立ちあがっているではありませんか。

Σ(゚口゚; え?ここで?

空港連絡バスに乗った上で、こんな住宅街で降りるって、何事??
と思う間もなく、補助席のお客さん全員が立ち上がり席をしまって通るスペースをつくるというイベント発生。

しかもそれだけではなく、前方で今度は一人のおばちゃんが突然降りようとしている。
Σ(゚口゚; え、まだ降りる人いるの?

運転手さんが声をかけて何やらひと悶着。
カップルが途中の清算をし降りた後に、今度は運転手さんが「英語の話せるかた、ご協力お願いします!」と乗客に声をかけたのです。


つまり、このおばちゃんはアジア人観光客でして、どうも途中停車するんならお手洗い行きたいんだけど。ということらしいのです。
運転手さんは『予定時刻どおりに空港へ行かないとならないから、もし今降りるんであれば待てませんので次のバスに乗ってください』と伝えたいのだそう。

そこで、英語の話せる乗客がそれをおばちゃんに伝えたところ、……なんか反応が薄い。英語もあまり伝わらないよう。。。困ったね。

しかし理解はできたようで、なんとおばちゃんは一人そのまま下車したのでございます。

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
こんな、地下鉄も近くない、住宅街のただのバス停で、日本語もままならないようだけど降りたこの人のハートが強すぎる……。

次のバス、40分くらい来ないみたいだけど大丈夫かしら。と私の勝手な心配とともに、バスはとっとと遅れを取り戻すかのように高速道路へと向かっていったのでした。


北海道に海外観光客が増えてから、こういうこと多くなってるんだろうなぁ。運転手さん、ご苦労様です。

 



空港へ無事到着し、私は友人のリクエストお土産を探しはじめました。
札幌で生まれ育った友人はノースマンを欲していると。ラジャ!

matome.naver.jp

なんと。千秋庵のレジで、金額が表示されるところに『♪出てきた出てきた山親父~♪』の歌詞が流れて表示されていたよ。マニアック(笑)


あとは、あのかつて一世風靡したじゃがぽっくるの新製品。

www.calbee.co.jp

じゃがピリカなるものが陳列しておりました。知らなかった。
これは、単に私が食べてみたいの一存で(笑)、勝手にお土産に追加しました。そして後で、友人に内2袋をおすそ分けしてもらいました(笑)

食してみたら、じゃがぽっくると同じ食感でした。3種のじゃがが使われているので甘さとか固さが違ってて楽しめるのかなと。
(しかし幼少期の私だったら、「むらさき色なんて、食べ物の色じゃない!」という理由で口にしなかっただろうなぁ、と思います)

 

 

お世話係、仙台到着

 

空港へ降り立った時点で、私はニヤニヤが止まりませんでした。不気味。まわりは観光客というより出張で来たビジネスマンばかり。

新幹線の無い札幌にとって新千歳空港の規模を基本にしてしまうと、やはり新幹線の通っている仙台の空港は、全然比べ物にならないほど小さい。当たり前ですね。
いずれ札幌に新幹線が通ったら、空港利用者減るのかなぁ。その頃私はおばあちゃんだから検証できないと思うけど(笑)

 

そんな静かな空港で私は友人を見つけるなり大声で
「○○ちゃ~~ん!!仙台来たよぉぉぉ!」と叫びました(笑) 旅の恥はかき捨ててしまえばいいのです。


まずは仙台駅まで電車移動。やはり利用者がそんなに多くないせいでしょうか。平日だし。1車両だけでした。

こちらは七十七銀行なるところがメインバンクのようです。
こっちでいう北洋みたいなものでしょうか。 いちいち、シチジュウシチと言うのは長い気もしますが、友人が「日本で77番目に出来た銀行だからだよ」と教えてくれました。

さすが友人。仙台初心者が思い付くような疑問に対する答えは、すでに習得済みです。


そしてそのまま、仙台市内を歩き回りました。 

~つづく

旦那さん一時帰宅

どうも、モナカのお世話係です。

しばらくぶりの更新ですっかりwi-fiの充電も切れており今やっと準備が整いましたよ。


f:id:monakablackrabbit:20170618224356j:plain

仙台から戻った翌日、突然旦那さんから「今夜そっちに帰りまーす」と電話が。突然!でも土日で連休とれたのは良かった!!

しかしその直前に、この日落語寄席へ行くことになってしまったので、ご飯など用意できない旨をお伝え。。。申し訳ない。

とりあえずは常備品である納豆と牛乳と麦茶とお菓子があるので、これで機嫌を損ねないでしょう……と思いながら(笑)、私は落語へ。

帰ってきたら、久しぶりに駐車場に我が家の車がありました♪


そして、写真の「モナカ2号」が一緒に帰って来ておりました。
ガチャガチャで、≪カゴから顔を出したウサギ≫みたいなものを獲りまして。もちろん白いウサギで、黒いのはそもそも製品として存在してなかったんですけどね。
旦那さんがマジックで塗ってくれたようです。仕事中……

うまいこと、目の周りを白く保って塗ってくれているし、ちゃんとお腹は白く残しているんです(笑) さすが技術者。

 

土曜日は、旦那さんがすきなだけパチ●ロしに行き、あれ?いつも通りまた私とモナカだけだな?と思うのは気のせいとして、夕食はリクエストのしゃぶしゃぶで。
私も久しぶりに、新鮮なものを食した気がします(笑) いつも作り置きなので。


その後の旦那さんは、夕食後寝て、何とか起こしてお風呂に入ってもらって、すぐ就寝。 A●Bのセンキョの結果も見ていないから、トータル12時間は寝ていたと思う……。

どんだけお疲れなのでしょう。お仕事、ありがとうございます(涙)

 

そんな本日日曜は、旦那さんが夕方にはもう出発するということで、早めの夕食を旦那さんが作ってくれることに。

私は持たせる用に、ハンバーグを焼きまして(ちょうど録画で見たハンバーグ芸人の影響を受けすぎ・笑)副菜とご飯もタッパに詰めたので、少なくとも火曜日までは食べられるはず。

その間、モナカのご馳走・リンゴも剥いてくれました。
(私はアレルギーがついに出てしまって、リンゴを触れた手で目や口を触れると腫れます……)

f:id:monakablackrabbit:20170618230006j:plain

 

旦那さんの手がとにかく大好きなので、そもそも剥く前から邪魔をします(笑)

 

f:id:monakablackrabbit:20170618230135j:plain

あまり食べ過ぎると、水分が多すぎてお腹によくないので、そのうちに全て取り上げます。 モナカが唯一、乾かさなくても食べられるご馳走。

 

そうそう。

私、お世話係はモナカを置いて仙台へ1泊してきたのでした。

木曜に帰宅すると、無事モナカさんは元気に過ごしておりました。多め多めに置いてきた牧草はほぼ平らげていました。
やはりウサギさんだと1泊がせいぜいですね。それ以上は、ペットホテルに預けなくてはなりません。

出発時は、いつも通り朝ペレットを与え、家を出る時はお昼まえだったのですが多めにペレットを与えたところ想像通りまた飛びついて食しておりました……。こやつ、あとで苦しむのはお主なのに。。。


う●ちも変わりなく、一安心。

やはりモナカは旦那さんから見ても換毛期だろうという結論に至りまして、思いっきりブラッシングもしてもらいましたね。スッキリだね!モナカ。

 

また旦那さんは高速で3時間半をかけて戻って行きました。これから暑くなるのでお互い、身体を壊さないよう気をつけましょう!!

 

さて明日以降、仙台の記録でも綴ろうかしら。