モナカです(黒ウサギ)

ミニレッキス♀ の暮らし@札幌 を記録し…続けたい(目標)

拝啓、仙一様

今週のお題「あの人へラブレター」

 

 

拝啓、仙一様

 

f:id:monakablackrabbit:20180517173122j:plain

 

 

高校時代、あなたは私のアイドルでした。

 


物ごころついた時から私の両親は≪G党≫としてテレビで野球ばかり見ていました。
当時、北海道を≪ホーム≫として野球しに来るのはせいぜい≪G≫くらいだったからです。

 

見たいテレビ番組の時間帯に、テレビを見せてもらえない子どもにとって≪G≫はとても嫌いな対象でした。

 

そんなに野球なんて好きじゃない。見たくない。

 


そう思いながら育った子どもはやがて高校生になった時、
不思議とある球団に興味を抱くようになりました。


中日ドラゴンズです。


その頃には兄弟もすっかり野球少年となり
私と同じくアンチGのまま育った末に阪神命!となっておりました。


家の中は、G vs 阪神 vs 中日です。
お互いの贔屓チームが勝った日負けた日は、なかなかの罵り合いでした(笑)

 

 

とにかく打倒Gに燃える「闘将」と呼ばれた男は、
高校生だった自分にはとてもときめく憧れの対象でした。

 

自分のチーム・選手のために相手に飛び蹴りするとか……
まあ冷静に考えなくても「あってはならない事」なのですが、
それをやっちまう勢いと情熱。

 

そして珍プレー番組に至っては
両目からものすごいビームを飛ばすとか、
背中にメラメラ炎を燃やす演出をされてしまう漢っぷり

目を♡にしてグッとくる、そんな10代を過ごしました。

 

 

当時は毎朝、新聞の野球記事をチェックし

中日の試合結果はどうだったか。
あの選手はまだ打率トップ10内に入っているか。

そんな日課でした。

 

 

特にお気に入りの選手ができてしまったこともあります。

 

外国人コールズ選手。
バッティングフォームがめちゃめちゃ格好良かった。

f:id:monakablackrabbit:20180517174120j:plain



あまりにゾッコンとなり(死語・笑)、ある日祖母が

「あの子は本当に外国人と結婚するんじゃないだろうか……?」
と心配してしまったため、母に
おばあちゃんの前で大っぴらに言うんじゃない!と注意を受けたこともありました。

 

 

仙一様。

それだけではなかったですよね。

選手の奥さまの誕生日には必ず花束を贈ったり、
事務方やグラウンドを整備するような裏方のお仕事の人には、とくに感謝のきもちを伝える人であることも、
高校生の私には心臓を打ち抜くような憧れの男性の対象でした。

 

 

しかし。

 


ついにセリーグを離れて楽天の監督になったというニュース。

さすがにショックでした。

 

なぜならあくまで打倒Gだったから。
もうそれはあなたの一番の望みでは無いんだ……。

と勝手に解釈し、私のアイドルはいなくなりました。


もう当時のように応援する気持ちは無くなっておりました。

 

 

しかしマー君最多勝無敗という伝説の人物へと育て上げ、
仙一様自身、はじめての日本一をつかんだという事実。

 

 

これは野球の神様が仙一様にくれた、

最後の試練とご褒美だったのでしょうね。

 

 

 

私はあなたの訃報のニュースを見ませんでした。

泣いてしまうから。今も見られません。

 

 

私の青春をどうも有難うございました。

 

 

 

おかげで私の理想とする男性像は
平成にあるまじきとてつもなく偏ったかたちになり、

友人にも「そんな男、いないよ!」と何度も言われ……。

 

 

パートナーが見つかるまでけっこうな時間がかかりましたが(笑)

今とても充実しています。

 

 

 

どうぞ天国で安らかに。

 

敬具

 

/** カテゴリ階層化処理 **/